開業医として働くためには|病院経営を一から学ぼう

注文や会計に汎用端末利用

レジスター

売上分析や在庫管理も可能

小売店では会計業務に欠かせないレジスター装置にコンピュータシステムを連動させ、売上分析などに役立てられるPOSシステムが多く利用されてきました。今では顧客管理や従業員の勤怠管理まで統合したPOSシステムも登場していますが、サーバーや専用端末が必要なシステムでは導入コストがどうしても高くなってしまうものです。そのような従来型POSシステムでも使われてきた専用のハンディ端末と比べ、最近登場したレジアプリは一般的なスマートフォンやタブレット端末にインストールして使用します。商品数の多いスーパーマーケット等では本格的なPOSシステムの方が向いていますが、小規模店舗や飲食店などではレジアプリの方が導入方法もずっと手軽です。レジアプリもPOSシステムと同様に基本的な会計機能を備えており、レシートプリンタやキャッシュドロアと接続することでレジスター装置の役割を果たすことができます。注文入力機能は飲食店やさまざまなサービス業の業務を効率化させるのに役立ち、バーコードリーダーと接続することで注文作業がさらに簡略化されます。専用カードリーダーと接続すればクレジットカード決済やモバイル決済にも対応できることから、汎用端末が持ち運び可能なレジスター装置へと早変わりするのです。シンプルな会計・注文機能に特化したレジアプリは使いやすいものですが、POSシステム並みの売上分析や顧客管理・在庫管理機能を備えたアプリも少なくありません。飲食店やサービス業では得意客ごとに最適な商品やサービスの提案が売上アップに結びついており、レジアプリの顧客管理機能を使えば得意客の情報もスマートに確認できます。いずれの機能もタッチパネルで直感的に操作できるため、コンピュータ操作に不慣れな従業員でも習得にそれほど時間はかかりません。汎用端末を使うことで一般的なPOSシステムより導入コストが安くなる点もレジアプリの有利な点です。