開業医として働くためには|病院経営を一から学ぼう

東南アジアで会社を興す

メンズとレディ

少ない資本で設立する方法

インドネシアに進出する企業が増えています。その理由は親日国であること、経済発展が見込めること、若者人口が多いことなどです。ただしインドネシアで会社設立する場合、外資100パーセントにすると必要な資本金が多く必要になります。外国資本が1パーセントでもあると外国資本の企業とみなされて、業種に関係なく約3000万円が必要になるのです。インドネシアで安い費用で会社設立する場合は、インドネシア人か現地の法人が会社発起人になる必要があります。この場合は内国資本の企業になるので、50万円もあれば会社設立ができます。この場合は信頼できる現地法人やインドネシア人にお金を預けて、その人の名義で会社設立をするのです。またインドネシアにはネガティブリストというのがあって、外資の参入を規制している業種があるのです。会社設立する前に規制のかかっている業種かどうかを調査する必要があります。また会社設立をスムーズに行うためには、インドネシアに強いコンサルティング会社とパートナーを組むとスムーズに進みます。現地のコンサルティング会社の場合は日本人スタッフがいる会社を選びます。現地で投資登録や会社名が決定すれば、法人口座を開設して入金すれば会社設立は完成します。実際に運営するためには現地にオフィスを構えることになりますが、レンタルオフィスを手配してくれる会社があるので利用すると便利です。少ない資本金で会社設立するには、いかに現地の人や法人と協力関係を結べるかがキーポイントになります。