開業医として働くためには|病院経営を一から学ぼう

婦人

接骨院の所属する組織

接骨師会に関する基礎知識としては、所属すると空き業や運営の支援を受けられる、そして義務が発生することを抑えておきましょう。そして接骨師会によってしなければならない仕事は、主に行っている活動内容に左右されるので所属する前に調べておくと安心です。

メンズとレディ

東南アジアで会社を興す

インドネシアは新日国で経済発展しているので会社設立に適しています。ただし外国資本と内国資本では必要な資本金が違います。安い費用で設立するには現地人か現地法人を発起人にします。ネガティブリストがあるので、事業運営ができるかどうか事前に調査をします。コンサルティング会社とパートナーを組むことが大事です。

レジスター

注文や会計に汎用端末利用

サーバーや専用端末を使う本格的なPOSシステムと比べ、レジアプリは小規模店舗や飲食店に最適です。スマートフォンやタブレットなど汎用端末にレジアプリをインストールするだけで、注文や会計機能が手軽に導入できます。POSシステム並みの売上分析や顧客管理も、レジアプリは簡単なタッチパネル操作で実現可能です。

医師の独立と事業の課題

ドクター

開業を順調にする

勤務医として働いている方の中には、自身の専門性を活かして地域に貢献できるように開業をしたいと考える方がいます。病院を離れて開業医になることで、自ら経営者となれば、より地域に根差して自由度も高く患者との距離も親密にすることもできることでしょう。ただ開業医になりたいといざ思っても、これまで医師として勤務医で働いてきた経験以外のものも必要となります。特に開業医になるための独立開業の準備に必要なことにはかなりの専門性もあります。それだけに自分だけで開業をしようとすると、とんでもない苦労が待ち構えていることになります。そこで医院の開業や経営の支援をしているコンサルタント会社の支援を受けながら、継続的に医院が運営できるようにしていきましょう。開業医として経営を安定的に成り立たせるには、やはり一定数の患者が訪れなければなりません。そのための物件を探してもらう必要もあります。駐車場が隣接していることが、交通アクセスがいいことはもちろんですが、患者の利便性を考えるとモール内の物件なども検討したいところです。またたとえ開業する物件が定まったとしても、多くの提携先の準備も欠かせません。どれかが欠けていると医療がワンストップで行えないという事態になってしまいます。なかなか医師の方には経営のことに明るい方は少ないものです。それだけに開業はもちろん経営全般のことを信頼できるパートナーと成りうるコンサルタント会社を選んでおく必要があります。